水道産業新聞社
検索    


水道産業新聞とは新聞購読のお申し込み会員サービスコーナー


今週の紙面
特集
バックナンバー
主張・視点21
主張・視点21
出版物案内
水道・下水道年鑑
関連書籍
上下水道の広報PR
上下水道の広報PR
水の芸術館
水の写真コンテスト
水の音楽館
上下水道製品技術紹介
水道資機材総合事典
下水道資機材・工法総合事典
水の資料館
各種データ
用語集
リンク集
会員のコーナー
意見の玉手箱
会社案内
会社案内
個人情報保護方針
採用情報


バックナンバー

2016年(平成28年)  7月 11日(第5090号)





第112回大都市下水道会議/熊本市で開催
 第112回大都市下水道会議(主務者会議)が7日、熊本市内のホテルで開かれた。全国から東京都と全政令市の職員およそ60人が出席。災害時の対応をテーマにした2つの議題について意見交換を行ったほか、国土交通省下水道部が最近の下水道の取り組みを、熊本市が熊本地震の被害状況を報告した。永目工嗣・熊本市上下水道事業管理者は「熊本地震発生以降に大都市の職員の方々が一堂に集まるこの機会は、皆様にとっても私どもにとっても大変意義がある」とあいさつした。震度7の大地震に2回見舞われた熊本の経験が、今後の地震対策、対応にどのように活かされるのか注目される。

「簡水統計」26年度版を発刊/簡水協
 全国簡易水道協議会はこのほど、「全国簡易水道統計」の最新版となる平成26年度版を発行した。26年度に実施された全国の簡易水道事業について、原水の種別や浄水方法、給水量、管路延長、管種、料金体系など、各事業・施設の詳細なデータを収録した。簡易水道事業の現状をうかがい知ることができる。

5カ年中期事業計画を策定/下水道機構
 日本下水道新技術機構はさきごろ、今年度から5カ年の中期事業計画を策定した。昨年12月に国土交通省より公表された下水道技術ビジョンで、今後の技術開発の方向性や中期的な目標、下水道機構の役割分担が明確化されたことを受け初めて策定した。今後の技術開発の方向性や、重点的に取り組む技術分野と目標を示している。

ひろがるマンホールの輪!!
 「マンホールを極めるツアー」と銘打った催しが6月25日に行われた。下水道広報プラットホーム(GKP)とG&U技術研究センターが主催。

1DAYインターンシップを下水道展で
 下水展'16名古屋の4日目(7月29日)に、大学生などを対象にした「1DAYインターシップ」が行われる。

アジア太平洋地域の水の安全保障へ
 日本水フォーラムはさきごろ通常総会を開き、すべての審議事項が原案通り承認された。

優良請負工事表彰式開く/東京都水道局
 水道事業の持続に官民連携は欠かせないものになっている。全国の事業体では様々な取り組みが行われているが、東京都水道局では7日、都議会議事堂都民ホールで平成28年度優良請負工事表彰式を行った。平成27年度に完成した請負工事のうち、施工成績が優良で他の模範となる工事の受注者を表彰するもの。

積算システム拡販へ/ビーイング金沢営業所
 ビーイング金沢営業所(長谷川晃庸所長)が販売している土木工事積算システム「ガイア9」に自動読み取り機能が加わり、新機能搭載の最新版を北陸地方の水道設備業界に拡販している。

給水システム協会総会
 給水システム協会(会長=山本晴紀・前澤給装工業社長)は6月13日、東京都千代田区の日比谷松本楼で第29回通常総会を開き、平成28年度事業計画と収支予算、役員の選任について審議し、了承した。

品確協総会
 日本管路更生工法品質確保協会(会長=前田正博・日本大学教授)は6月6日、第8回定時総会を東京都港区の明治記念館で開催した。

通常総会を大阪で開催/環境技術学会
 環境技術学会(会長=竺文彦・龍谷大学名誉教授)は6月14日、平成28年度通常総会(第46期)を大阪市中央区の大阪キャッスルホテルで開催した。

給衛協近畿支部総会
 全国給水衛生検査協会(給衛協)近畿支部(支部長=松井健二・京都微生物研究所理事)の平成28年度総会が6月17日、神戸市産業振興センターで開催された。

全国ユニホール工業会総会
 全国ユニホール工業会(会長=塩見昌紀・ゼニス羽田社長)は6月20日、東京都千代田区のルポール麹町で第34回定時総会を開き、28年度事業計画を決めたほか、役員改選を行い塩見会長を再任した。

副企業長に土井一成氏が就任/神奈川県内(企)
 神奈川県内広域水道企業団の副企業長に、9日付で前横浜市水道事業管理者・水道局長の土井一成(どい・かずなり)氏が就任した。任期は同日から4年間。

新社長に尾ア勝氏/東京都市開発
 東京都市開発の社長に6月27日付で前日本水道協会理事長の尾ア勝氏が就任した。飯嶋宣雄前社長は同日付で相談役に就いた。