水道産業新聞社
検索  


水道産業新聞とは新聞購読のお申し込み会員サービスコーナー


今週の紙面
特集
バックナンバー
主張・視点21
主張・視点21
出版物案内
水道・下水道年鑑
関連書籍
上下水道の広報PR
上下水道の広報PR
水の芸術館
水の写真コンテスト
水の音楽館
上下水道製品技術紹介
水道資機材総合事典
下水道資機材・工法総合事典
水の資料館
各種データ
用語集
リンク集
会員のコーナー
意見の玉手箱
会社案内
会社案内
個人情報保護方針
採用情報


バックナンバー

2018年(平成30年)  5月 10日(第5242号)






リアルタイムに浸水予測/国交省
 国土交通省では、下水道事業における様々な課題を解決するため、平成23年度から下水道革新的技術実証事業(B―DASHプロジェクト)を実施している。採択技術の増加や普及展開のための導入ガイドライン化も進み、自治体での実証技術の導入事例も増えてきている。国土技術政策総合研究所はこのほど、B―DASHとして平成27年度から福井市、富山市で実証を進めてきた「都市域における局所的集中豪雨に対する雨水管理技術」の導入ガイドライン(案)を公表した。“ゲリラ豪雨”での浸水被害の軽減へ、新技術の普及が期待される。

健康のため水を飲もう/ポスターの協賛募集中
 水分摂取不足による健康障害を防ぐため“こまめな水分補給”の必要性を訴えている「健康のため水を飲もう」推進運動(厚生労働省後援)の平成30年度ポスターが完成した。

ブロック会議終わる/関東甲信越は統合後の支援求め/簡水協
 全国簡易水道協議会が各地で開催していたブロック会議が4月26日の関東甲信越を最後に全6ブロックの日程を終えた。各地域の要望は、今月29日に札幌市内で開催される全国簡易水道大会に集約される。

水道料金のあり方で議論開始/横浜市水道局
 横浜市水道局は「横浜市水道料金等在り方審議会」を設置し、7日に初会合を開いた。水道料金体系や料金水準、水道利用加入金のあり方の検討に関する審議などを行い、水道事業の経営基盤強化につなげる。