水道産業新聞社
検索  


水道産業新聞とは新聞購読のお申し込み会員サービスコーナー


今週の紙面
特集
バックナンバー
主張・視点21
主張・視点21
出版物案内
水道・下水道年鑑
関連書籍
上下水道の広報PR
上下水道の広報PR
水の芸術館
水の写真コンテスト
水の音楽館
上下水道製品技術紹介
水道資機材総合事典
下水道資機材・工法総合事典
水の資料館
各種データ
用語集
リンク集
会員のコーナー
意見の玉手箱
会社案内
会社案内
個人情報保護方針
採用情報


バックナンバー

2018年(平成30年)  5月 21日(第5245号)






水道は「耐震」「広域」/大成機工に厚労大臣賞/第2回インフラメンテナンス大賞
 第2回「インフラメンテナンス大賞」の受賞者が決まり、16日に発表された。水道関係では厚生労働省大臣賞に大成機工が、情報通信技術の優れた活用に関する総務大臣賞に松江市上下水道局が選ばれた。前者は不断水による管路の地震対策、後者は遠隔監視による広域的な水道施設の運転維持管理だ。“耐震”“広域”というキーワードをみれば、水道事業がいままさに直面する課題に対応する技術が評価されたといえそうだ。下水道関係もNJSが特別賞、東亜グラウト工業が優秀賞に選ばれている。上下水道のメンテナンスの取り組み・技術開発に期待がかかる。

下水道改築の国庫負担継続を/市長の訴え切実
 下水道施設の改築への国費負担の継続を訴え、指定都市市長会、中核市市長会が相次いで提言をまとめた。
 指定都市市長会は15日、指定都市サミットin札幌を開催し、その中で門川大作・京都市長が「下水道施設の改築への国費負担の継続」について提案、同会は提言として採択した。

法適用など話題に意見交換/下水協
 日本下水道協会は14日、協会内で第109回都道府県委員会を開いた。▽地方公営企業法の適用▽PPP/PFI・コンセッション▽広域化・共同化―をテーマに、委員の間で情報交換した。また、3月で任期を満了した委員長・副委員長の改選を行った。

DB方式で膜ろ過浄水場新設/伊木力浄水場整備事業を公告/諫早市上下水道局
 長崎県の諫早市上下水道局は7日、(仮称)伊木力浄水場整備事業の入札公告を行った。水源の変更にあたって安全かつ安定した給水を確保するため、新たに膜ろ過方式の浄水場などをDB方式により整備するもので、事業期間は契約締結日から平成34年3月25日。