水道産業新聞社
検索  


水道産業新聞とは新聞購読のお申し込み会員サービスコーナー


今週の紙面
特集
バックナンバー
主張・視点21
主張・視点21
出版物案内
水道・下水道年鑑
関連書籍
上下水道の広報PR
上下水道の広報PR
水の芸術館
水の写真コンテスト
水の音楽館
上下水道製品技術紹介
水道資機材総合事典
下水道資機材・工法総合事典
水の資料館
各種データ
用語集
リンク集
会員のコーナー
意見の玉手箱
会社案内
会社案内
個人情報保護方針
採用情報


バックナンバー

2018年(平成30年)  5月 28日(第5247号)






持続可能な広域水道へ/第62回総会を開催/法改正への期待も/企業団協
 全国水道企業団協議会(会長=小林眞・八戸圏域水道企業団企業長、八戸市長)の第62回総会が24日、神奈川県箱根町内のホテルで開催された。正会員59団体から関係者が参加、国への要望事項をまとめるべく会員提出問題を審議したほか、予算案の承認や、役員改選も行った。水道事業の基盤強化に向け“広域連携”の重要性が指摘される。国会提出中の水道法改正案でもそれは鮮明だ。広域水道の推進役を担ってきた水道企業団には、知見とノウハウがある。水道企業団の取り組みが再認識される中で、協議会の活動にも期待がかかる。

経営基盤確立に向け要望へ/工水協
 日本工業用水協会(会長=岡本和貴・千葉県水道局長)は18日、都内で第35回理事会を開いた。

消化ガス発電の事業契約締結/広島県東部浄化セで20年間実施/月島機械
 月島機械は7日付で、広島県と「広島県太田川流域下水道東部浄化センター消化ガス発電事業」に係る事業契約を締結した。

災害対策向上に向け意見交換/余湖北海学園教授の講演も/沖縄県企業局水道事業連絡会議
 沖縄県企業局は18日、平成30年度水道事業連絡会議をうるま市にある石川浄水場で開いた。水道用水供給事業を行っている同局と受水事業体が、水道事業の諸課題について意見・情報交換を行い相互の理解を深める目的で開催しており、今回で28回目。同局、受水事業体、水道広域化関係離島8村などから約70人が参加した。

サウジで省エネ淡水化を実証/NEDOから事業を受託/日立製作所
 日立製作所は東レとともに、サウジアラビアで「省エネルギー型海水淡水化システム」の実規模での性能実証事業を、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)から受託した。14日、発表した。