水道産業新聞社
検索  


水道産業新聞とは新聞購読のお申し込み会員サービスコーナー


今週の紙面
特集
バックナンバー
主張・視点21
主張・視点21
出版物案内
水道・下水道年鑑
関連書籍
上下水道の広報PR
上下水道の広報PR
水の芸術館
水の写真コンテスト
水の音楽館
上下水道製品技術紹介
水道資機材総合事典
下水道資機材・工法総合事典
水の資料館
各種データ
用語集
リンク集
会員のコーナー
意見の玉手箱
会社案内
会社案内
個人情報保護方針
採用情報


バックナンバー

2018年(平成30年) 10月 18日(第5281号)






運転管理や技術継承に/浄水技術研究の成果普及へ/A―Batonsプロジェクト/JWRC
 水道技術研究センター(JWRC)は、「変化に対応した浄水技術の構築に関する研究」(A―Batonsプロジェクト)の研究成果を明らかにした。膜ろ過の維持管理に関するマニュアルや、事例集、浄水処理の改善に関する調査結果をまとめたほか、技術継承を目的とした浄水技術のデータベース・浄水技術学習のためのe―ラーニングなどが活用できるシステム“A―Batons+(プラス)”の運用を開始している。これら成果物は、浄水場の運転管理や水道職員の育成などに役立てられることが期待される。JWRCでは来年9月にかけて、研究成果の普及促進活動を行っていく。

補正予算案で89億円/豪雨災害など水道施設復旧急ぐ/厚労省
 厚生労働省は15日、24日に召集される臨時国会に提出される平成30年度補正予算案の概要を明らかにした。水道施設の災害復旧に89億円を計上している。

省エネ技術マニュアル策定へ/下水処理場を最適化/検討委設置/国交省
 国土交通省下水道部は11日、「下水処理場におけるエネルギー最適化に向けた省エネ技術導入マニュアル」と「下水処理場の新たなる性能指標」のとりまとめに向けて、エネルギー最適化検討委員会の初会合を開いた。電力使用量を削減してランニングコストの低減を図り、下水道事業の持続につなげていくのが目的だ。マニュアルと性能指標は、今年度末を目標に策定する。委員長は日本大学生産工学部の森田弘昭教授。

奈良市から包括的維持管理を受託/30万人超の中核市では国内初/神鋼環境ソリューションなど6社
 神鋼環境ソリューションは、神鋼環境メンテナンス、宇陀環境開発、管清工業、メタウォーター、アスコ大東の6社で共同企業体を構成し、9月25日、奈良市と「奈良市東部地域等における上下水道施設等包括的維持管理業務委託」の基本契約を締結した。

アセット規格のISO55001取得/"さらなる範囲拡大を"/明電ファシリティサービス
 明電舎の子会社で上下水道施設の運転・維持管理などを手がける明電ファシリティサービスは9月14日、アセットマネジメントシステムの国際規格である「ISO55001」の認証を取得した。同27日には明電舎本社で登録証授与式が開催され、石井清弘・代表取締役社長が、認証機関の日本環境認証機構の立上和男・代表取締役社長から登録証を受け取った。