水道産業新聞社
検索    


水道産業新聞とは新聞購読のお申し込み会員サービスコーナー


今週の紙面
特集
バックナンバー
主張・視点21
主張・視点21
出版物案内
水道・下水道年鑑
関連書籍
上下水道の広報PR
上下水道の広報PR
水の芸術館
水の写真コンテスト
水の音楽館
上下水道製品技術紹介
水道資機材総合事典
下水道資機材・工法総合事典
水の資料館
各種データ
用語集
リンク集
会員のコーナー
意見の玉手箱
会社案内
会社案内
個人情報保護方針
採用情報


今週の紙面
今週の紙面

2018年(平成30年)  9月 20日(第5275号)


2018年(平成30年)  9月 17日(第5274号)



世界へ発信 水の将来を形成する/IWA世界会議・展示会 東京で
 国際水協会(IWA)による「世界会議・展示会」が16日から東京・有明の東京ビッグサイトで開催されている。約100の国と地域から8000人近くの参加が見込まれ、展示会も含め過去最大規模となった。世界中から上下水道をはじめとする産官学の水分野の関係者が一堂に集結。会議では講演や発表に多くのワークショップ、フォーラムなどが用意されている。世界を取り巻く様々な水の問題をテーマに、多くの議論が交わされ、新たな技術や知見が共有される。

スマートメーター10万個設置/小池知事が発表/東京都2025年までに
 17日午前、基調講演に登壇した小池都知事は、2025年までに、都心や郊外の複数のエリアで合計10万個の水道スマートメーターを設置するプロジェクトに着手すると発表した。将来的なスマートウォーターシステムの構築を目指したトライアルプロジェクトとして位置付けており、エリア内の宅地や配水小管にスマートメーターを設置することで、自動検針や見える化・見守りサービス、宅地内の漏水発見といった利用者サービス向上に加え、配水小管における漏水の早期発見、災害・事故への迅速な対応、管路の効率的な維持管理など、スマートメーターの水道事業への幅広い活用と効果を検証する。

札幌市や厚真町など調査/宮島教授が胆振東部地震被災地へ
 金沢大学の宮島昌克教授は13〜14日、北海道胆振東部地震被災地の現地調査を行った。8〜9日の先遣調査に続き、札幌市と厚真町を中心に、北広島市、安平町、むかわ町を巡った。

「ちびまる子ちゃん」がマンホールに/静岡市さくらももこさんが生前に寄贈
 静岡市は同市清水区出身で先月15日に亡くなった漫画家のさくらももこさんから生前に寄贈されたマンホール蓋2枚を設置した。さくらさんが、代表作「ちびまる子ちゃん」と富士山、駿河湾をデザインし描いたもので、まる子ちゃんの服装などが異なる絵柄となっている。

JICA基金に寄附/はまっ子どうし売上金の一部を/横浜市水道局
 横浜市水道局は5日、JICA横浜で、国際協力機構(JICA)基金への寄付金贈呈式を行った。寄付金は横浜市オフィシャルウォーター「はまっ子どうしThe Water」の売上金の一部。同局は2008年の第4回アフリカ開発会議(TICAD)が横浜市で開催されたことをきっかけに毎年継続して寄付している。来年8月にも第7回のTICADが横浜市で開催されることから、TICAD仕様のラベルのはまっ子どうしThe Waterを販売している。

最低制限価格制度の拡大など要望/都下水道局長、流域本部長を訪問/設備協
 東京下水道設備協会(会長=片岡啓治・明電舎相談役)は4日、東京都下水道局に対し「下水道設備工事に関する要望書」を提出し、機械・電気設備工事に関する制度の改善などを求めた。
 小山哲司・下水道局長、中島義成・流域下水道本部長を訪問した片岡会長は、「下水道局では、『経営計画2016』で耐震対策や非常時の自己電源確保など“セーフ・シティ”に注力し、技術開発面では“オープンイノベーション”を展開し、共同研究を実施しておられる。我々も工事時の安全管理や施工管理に最大限努力し、今後の下水道の課題に対して積極的に技術提案していきたい」と話した。



中国で廃液濃縮燃焼設備を受注/性能と実績が高く評価される/月島機械
 月島機械は3日、中国海洋石油集団とエネルギー企業グループのシェルとの合弁企業である中海シェル石油化学有限公司から、スチレンモノマーおよびプロピレンオキサイド(SMPO)プラント向け廃液濃縮燃焼設備における基本設計および主要設備を受注したと発表した。


予算確保と水道法改正/「全国決起集会」に関係者集う/自民党水道議連
 自民党水道事業促進議員連盟(会長=川崎二郎・衆院議員)は12日、参議院議員会館内で「水道整備促進全国決起集会」を開催した。衆参両院の議連メンバーと、共催団体(日本水道協会、全国簡易水道協議会、全国管工事業協同組合連合会、日本水道工業団体連合会)の関係者約280人が会場に参集。平成31年度予算の確保や水道法改正案の早期成立を求める決議を採択し、水道事業の持続に向け、関係者が思いをひとつにした。

「経営戦略」策定着々と/簡水・下水の企業会計適用も/総務省
 総務省は公営企業会計の適用状況や経営戦略の策定状況を調査し結果を公表した。

豪雨災害への財政支援を/被災地の声届ける/日水協
 日本水道協会は4日、第2回運営会議を開き会議後、関係各省や国会議員に宛てて要望活動を実施した。来年度予算の確保とともに今回は、7月豪雨で被災した水道施設の復旧・再構築に対する財政支援を要望した。

MBR省エネ化技術の実証完了/電力使用量50%削減/東芝インフラシステムズと共同開発/クボタ
 クボタは10日、東芝インフラシステムズと共同開発していたMBR下水処理システムの省エネルギー化技術「スマートMBR(SCRUM)」の実証試験が完了したと発表した。スマートMBRは、同社の膜ユニットを中心とするハード技術と、東芝インフラシステムズが持つプロセス制御を中心とするソフト技術を組み合わせたもの。実証試験では、電力使用量の約50%削減が確認でき、従来高度処理法と同等以下の0・22kWh/立方mの電力使用量を実現した。スマートMBRは大阪市中浜下水処理場に導入される予定で、同技術を活用してMBR下水処理システムの普及拡大を目指す。

アドバイザー帰国報告会開く/JICA、国際厚生事業団
 JICAと国際厚生事業団は10日、都内のJICA本部でインドネシア国上水道政策アドバイザー帰国報告会を開いた。インドネシアの上水道に係る政策立案・運営能力の向上を支援し、上水道施設整備が促進されるような体制を構築することを目的に、2014年7月から今年7月まで現地に派遣されていた菅原繁・国際厚生事業団国際・研修事業部水道主幹が、活動概要と成果などを発表した。会場には水道事業体や関係企業から100人が集まった。

五感を活用し意見交換/おいしい水づくり推進懇話会開く/千葉県水道局
 千葉県水道局は8月27日、28回目となるおいしい水づくり推進懇話会(座長=佐々木弘子・聖徳大学人間栄養学部教授)を開いた。今回は、平成28年度から32年度を計画期間とする「第2次おいしい水づくり計画」に関する取り組み状況などについて学識経験者、一般利用者、大口利用者で構成する懇話会メンバーと同局が意見交換を行った。

バンドン市で漏水対策支援/現地活動の報告会開く/浜松市上下水道部
 浜松市上下水道部は8月23日に同部庁舎で、インドネシア・バンドン市水道公社に対し実施しているJICA草の根技術協力事業「バンドン市漏水防止対策に係る技術支援による漏水対策」の活動報告会を開いた。同部と水関連の市内企業が連携し、世界の新興地域の生活環境改善に貢献するため、海外への技術普及に関する意見交換などを行っている「水と暮らしを豊かにする浜松技術プラットフォーム(HARP♪)」の会員企業の社員や同部の職員ら約20人が参加。7月に現地で技術支援活動を行った杉山太一・同部水道工事課技監が活動報告を行った。