水道産業新聞社
検索    


水道産業新聞とは新聞購読のお申し込み会員サービスコーナー


今週の紙面
特集
社説
バックナンバー
主張・視点21
主張・視点21
出版物案内
水道・下水道年鑑
関連書籍
中日水務信息
上下水道の広報PR
上下水道の広報PR
水の芸術館
水の写真コンテスト
水の音楽館
上下水道製品技術紹介
水道資機材総合事典
下水道資機材・工法総合事典
水の資料館
各種データ
用語集
リンク集
会員のコーナー
意見の玉手箱
会社案内
会社案内
個人情報保護方針
採用情報


  「健康のため水を飲もう」推進運動『10年のあゆみ』を発刊!!(平成29年3月31日)
10年のあゆみ表紙 「健康のため水を飲んで、熱中症や脳梗塞などの重大な事故から尊い人命を守る。」こういった運動を全国に広く浸透させるため、平成19(2007)年に「健康のため水を飲もう」推進委員会が設立され、開始した本運動。
 平成28年度には10年目という節目を迎え、これまでの活動等を一冊にまとめた『10年のあゆみ』を作成いたしました。
 今後とも本運動を宜しくお願いいたします。

  【A4一括DL】
「健康のため水を飲もう」推進運動『10年のあゆみ』 (10.7MB)
【A4分割DL】
「健康のため水を飲もう」推進運動『10年のあゆみ』(1) (5.49MB)
「健康のため水を飲もう」推進運動『10年のあゆみ』(2) (5.34MB)

【A3一括DL】
「健康のため水を飲もう」推進運動『10年のあゆみ』 (11.5MB)
【A3分割DL】
「健康のため水を飲もう」推進運動『10年のあゆみ』(1) (4.55MB)
「健康のため水を飲もう」推進運動『10年のあゆみ』(2) (5.32MB)

  ※高解像度データをご希望の場合は、事務局までご連絡ください。
1.「健康のため水を飲もう」推進運動とは
 私たちが生きていくために「水」は欠くことのできない存在ですが、その摂取量が不十分であることによる健康への障害が多くの悲劇を引き起こしています。児童・生徒等を中心に熱中症による死亡事故は後を絶たず、また、中高年で多発する脳梗塞や心筋梗塞等も水分摂取量の不足が大きなリスク要因のひとつとなっています。
 これら脱水による健康障害や重大な事故などの予防には、こまめな水分補給が効果的です。寝る前、起床時、スポーツ中、入浴の前後、そしてのどが渇く前に水分補給を心がけることが重要です。
 「健康のため水を飲んで、熱中症や脳梗塞などの重大な事故から尊い人命を守る」。こういった運動を全国に広く浸透させるため、厚生労働省の山村尊房水道課長(当時)のご提言、ご指導により、2007年夏に10人の発起人による『「健康のため水を飲もう」推進委員会』を立ち上げ、様々な活動を行っています。


「健康のため水を飲もう」推進運動 構成


主催
「健康のため水を飲もう」推進委員会

後援等
後援:
協賛:
厚生労働省
(公社)日本水道協会、全国の水道事業体、(一社)日本水道工業団体連合会、
(公財)日本高等学校野球連盟など関係スポーツ団体(予定)

委員会委員
委員長   武藤 芳照   (学)日本体育大学 日体大総合研究所所長・日本体育大学特別招聘教授
副委員長   吉田  永   公益社団法人 日本水道協会理事長
委  員   宮崎 正信   厚生労働省医薬・生活衛生局生活衛生・食品安全部水道課長
委  員   泉  正文   公益財団法人 日本体育協会専務理事
委  員     公益財団法人 日本水泳連盟副会長
委  員   太田 美穂   NPO法人 水と健康スポーツ医学研究所理事長
委  員   竹中 雅彦   公益財団法人 日本高等学校野球連盟事務局長
委  員   寺西  新   足立区保健所長
委  員   仁井 正夫   一般社団法人 日本水道工業団体連合会専務理事
委  員   西原 一裕   水道産業新聞社代表取締役社長
委  員   磯部 光徳   日本水道新聞社取締役新聞事業部長
    (平成29年4月1日現在)

2.活動内容
 健康維持と事故予防のために水を飲むという習慣の定着を図るための各種活動を行う。その一環として、全国の保健所、医師会、学校・教育機関、スポーツ団体、水道事業体、水道関係企業などに協力を要請し、啓発ポスターチラシを作成、配布、展示による広報活動を行う。
これまでの活動内容はコチラ

3.活動期間
 2007年から継続的に活動。啓発ポスターチラシについては、5月上旬より全国の協力機関で掲示いただけるよう準備。

4.期待される成果
(1) こまめに水を飲む習慣の定着
(2) 「運動中には水を飲まない」などの誤った常識をなくし、正しい健康情報を普及する
(3) 水道水など身近にある水の大切さの再認識 子どもから高齢者までの広く国民一般の健康増進、疾病・事故予防に寄与する

5.会期と配布先案
5月上旬よりポスター配布。全国の水道事業体、全国の学校関係及びスポーツ関連団体など。

6.配布部数 約2.5万部


運動ポスターご協賛のお願い

 当委員会では、子供たちを脱水症状による熱中症から守るため、水をこまめに飲むことを全国の子どもたちに向けてPRし、水道水を飲むことの効用を伝えるポスターとチラシを制作しております。
 つきましては本企画にご賛同をいただき、ご協賛いただきますようお願い申し上げます。


1.ご協賛について

2.ポスター・チラシデザイン
デザインA デザインB デザインC
※計3種類の中からお選びいただけます。クリックするとデザインが拡大してご覧いただけます。
※協賛いただいた場合、貴事業体及び企業・団体名称をポスターに刷り込むことも可能です。

3.ポスター仕様 A2判(594×420mm)・3種類

4.協賛団体一覧(平成28年7月29日現在)
平成27年度 協賛団体一覧

5.ポスターギャラリー

6.ポスター及びシンボルマーク等の使用について

7.取材依頼


お問い合せ先
「健康のため水を飲もう」推進委員会事務局(水道産業新聞社内)
TEL(03)6435-7644  FAX(03)3438-0025 担当 藤田

Copyright© Suidousangyoushinbunsha. All Rights Reserved