水道産業新聞社
検索  


水道産業新聞とは新聞購読のお申し込み会員サービスコーナー


今週の紙面
特集
バックナンバー
主張・視点21
主張・視点21
出版物案内
水道・下水道年鑑
関連書籍
上下水道の広報PR
上下水道の広報PR
水の芸術館
水の写真コンテスト
水の音楽館
上下水道製品技術紹介
水道資機材総合事典
下水道資機材・工法総合事典
水の資料館
各種データ
用語集
リンク集
会員のコーナー
意見の玉手箱
会社案内
会社案内
個人情報保護方針
採用情報


バックナンバー

2018年(平成30年) 12月 27日(第5297号)






上下水道 広域化を支援/着実な更新投資も/地方債計画/総務省
 総務省は21日、平成31年度地方債計画を明らかにした。公営企業債は水道事業5946億円(前年度比10・3%増)、下水道事業1兆2773億円(3・9%増)、工業用水道事業307億円(42・1%増)。上水道、下水道の広域化の取り組みや、3カ年緊急対策などを踏まえた。公営企業会計の適用が円滑に実施されるよう、適用に要する経費も公営企業債の対象とし所要額を計上している。上下水道の着実な整備が期待される。

学と官をマッチング/プロジェクトGAM/国交省
 国土交通省下水道部は19日、京都市上下水道局の鳥羽水環境保全センターで「プロジェクトGAMマッチング促進会合」を開催した。土木学会の環境工学研究フォーラムの併催行事として企画されたもので、学識者6人、事業体14団体21人の下水道関係者らが参加。下水道事業の課題と解決のマッチングに向けた意見交換や、施設見学会が行われた。

来年10月から指定管理業務開始/公民共同企業体の株主間協定締結/社名は「水みらい小諸」/小諸市・水ingAM・第一環境
 小諸市水道事業の持続に向けて、同市水道施設等の管理運営、料金徴収関連業務などを指定管理者として担う公民共同企業体の設立準備を進めている小諸市と公民共同企業体パートナー事業者候補である水ingAM、第一環境の三者は、企業体の設立について合意し、19日に設立・運営に係る株主間協定を締結した。企業体の社名は「株式会社水みらい小諸」で、資本金は3000万円。持株比率は小諸市35%、水ingAM55%、第一環境10%で、民間の技術・ノウハウを活かして効率的な水道事業運営に貢献しつつ、小諸市が一定の関与、監督が可能な体制となっている。今後は、来年1月の会社設立、10月の指定管理業務開始を予定している。末端給水を担う中小規模水道事業で、民間主導型の公民共同企業体が関与する事例としては全国初で、関係者から注目を集めそうだ。

ポケモンがデザインマンホールに/来年2月には8種類追加/人気ポケモンの「イーブイ」/指宿市
 指宿市は、ゲームやアニメで人気を集める「ポケットモンスター」(ポケモン)シリーズに登場するポケモン「イーブイ」のデザインマンホールを製作。20日、市内でイーブイも参加したお披露目式とデザインマンホールの設置を行った。お披露目式では、イーブイの進化形である8種類のポケモンのデザインマンホールを来年2月22日に市内に設置することも発表した。

処理場維持管理の5年契約が微増/受託額は1571億円/平成30年度受託実態調査/管理協
 日本下水道施設管理業協会は、平成30年度の下水道処理施設維持管理業務の受託実態調査報告書をとりまとめた。調査対象は、会員会社131社と国土交通省の下水道処理施設維持管理業者に登録の会員外企業14社で、調査箇所は下水処理場のみを対象としている。