水道産業新聞社
検索  


水道産業新聞とは新聞購読のお申し込み会員サービスコーナー


今週の紙面
特集
バックナンバー
主張・視点21
主張・視点21
出版物案内
水道・下水道年鑑
関連書籍
上下水道の広報PR
上下水道の広報PR
水の芸術館
水の写真コンテスト
水の音楽館
上下水道製品技術紹介
水道資機材総合事典
下水道資機材・工法総合事典
水の資料館
各種データ
用語集
リンク集
会員のコーナー
意見の玉手箱
会社案内
会社案内
個人情報保護方針
採用情報


バックナンバー

2019年(令和元年)  5月 20日(第5330号)






基盤強化 官民連携の選択肢/「ガイドライン」案まとまる/コンセッション導入へ/厚労省
 厚生労働省が検討を進めている「水道施設運営権の設定に係る許可に関するガイドライン」の案と、「水道事業における官民連携に関する手引き」改訂案がまとまった。15日に開催された水道施設運営等事業の実施に関する検討会(座長=石井晴夫・東洋大学客員教授)の第4回で示された。ガイドラインには水道施設運営権の設定に関する許可の基準、許可の申請にあたって水道事業者が提出しなければならない実施計画書などについて記載。手引きには事業の実施に際して地方公共団体が検討すべき事項を記載する。今後、案についてパブリックコメントの手続きがとられ、夏ごろに策定・公表されることになる。

持続的な運営へ現行補助堅持を/各省・国会議員へ精力的に要望を展開/大都市下水道会議
 東京都と政令市の下水道担当局長による大都市下水道会議が17日、東京・平河町の都市センターホテルで開かれた。国土交通省下水道部、総務省準公営企業室関係者と下水道をとりまく最近の動向についての講演を踏まえ、意見交換した。会議後には、下水道施設の改築・更新への国費負担の継続、財源の確保、関係制度の改善・拡充、国際展開について、両省と財務省、関係国会議員に対して要望活動を行った。この会議は例年7月に開催していたが、今年度から大都市における下水道事業の要望を国の骨太の方針に反映させるため、5月に前倒しして開催した。